電通コンサルティングDentsu Consulting

 企業について

株式会社電通コンサルティング(以下電通コンサルティング)は、大手広告代理店電通のメンバーとして、革新的な成長戦略を実現する戦略コンサルティングファームである。
電通グループであった電通ネットイヤーアビーム(※1)を前身とする。
2006年11月設立。東京と大阪にオフィスを構え、「妄想を構想に。」というタグライン(スローガン)の下、既存の概念や過去の勝ちパターンに捉われない新たなアイデアや発想を重視している。

事業戦略をはじめ、新規事業、イノベーション、マーケティングからM&Aや海外展開まで、クライアント企業の戦略コンサルティング全般を提供しており、製品やサービスを開発するだけでなく、企業や社会がきちんと価値を提供し続けていくためのビジネスのしくみ自体の創出を目指したコンサルティングを行っている。

同社の特長的なソリューションのひとつに、「MDBD」という独自の事業開発手法による新業態開発がある。
MDBDとは「Marketing-Driven Business Design」を意味し、専任のチームを組成し、電通コンサル特有の「TPMサイクル」というプロセスを回していくことで事業開発を推進していく手法である。
TPMサイクルとは「Targeting」「Positioning」「Making」という3つのステップから成る電通コンサル特有の事業開発プロセスであり、これを繰り返すことで新業態開発を成功へ導こうとするものである。
「Targeting」は、リサーチ・分析・検証などによる正しく顧客を理解するステップ。「Positioning」は、Targetingで得た顧客理解をベースに、新たなビジネスやソリューションなどのしくみをデザインするステップ。
「Making」は、迅速に事業や製品をローンチし、顧客、ユーザー等の反応に応じて、改善を繰り返していくステップである。

上記のような、戦略コンサルティングファームの強みである「課題解決に向けたロジカルで抽象的なアプローチ」を基本とし、さらに広告会社の強みである「消費者をはじめとしたステークホルダーの視点における事業やブランドのあるべき姿を把握する、客観的かつ具体的なプロセス」を融合させたソリューションが電通コンサルの大きな特徴である。

また電通グループの持つ調査・研究等の知見やグローバルネットワークなどのリソースも同社の優位性のひとつであり、対象インダストリーは金融、IT・通信、メディアやエネルギー・社会インフラから医療までと幅広く、クライアント企業には日本を代表する企業が多数名を連ねている。

(※1)電通ネットイヤーアビーム:電通イーマーケティングワン、ネットイヤーグループ、アビームコンサルティングの3社が共同出資し、設立したマーケティング戦略立案会社

株式会社電通コンサルティング
Dentsu Consulting Inc.
  • 代表者
    代表取締役社長 執行役員 森 祐治
  • 設立
    2006年11月
  • 所在地
    東京都中央区銀座5-15-8 時事通信ビル11F

理念

電通コンサルティングの理念を以下に引く。

妄想を構想に。

ゴールが見えなければ、見えるまで探求すればいい。
私たちは、そのために経営戦略コンサルティングの技能と知見を保有しています。
誰も見たこともない、ゴールを目指したい。
私たちは、その実現に必要な知恵と活力をもって取り組みます。
形になしえなかった妄想を構想へ。
そして、革新的で大胆な「具体」を創りだす。
それが、私たち電通コンサルティングのしごとです。

https://www.dentsuconsulting.com/about/より引用

沿革

2002年
電通イーマーケティングワン、ネットイヤーグループ、アビームコンサルティングの三社の出資により電通ネットイヤーアビームを設立
2006年
電通が電通ネットイヤーアビームの全株式を取得し、電通コンサルティングを設立
2010年
大阪市北区に大阪オフィスを開設

サービス

経営課題全般をカバーする戦略コンサルティングファームとして、あらゆる業界の企業や組織に、電通グループ連携による質の高いサービスを提供している。
得意とする産業は「小売・流通」「食品・飲料・日用品・嗜好品」「通信・インフラ」「デジタルサービス」であり、企業ブランド戦略、CI/VI戦略、ビジネスインテリジェンス戦略、統合マーケティング戦略の領域に強みを持つ。

インダストリー

  • 金融
  • IT・通信・エレクトロニクス
  • メディア・エンタテインメント
  • エネルギー・社会インフラ
  • 産業財
  • 耐久消費財
  • 公共
  • 医療・健康
  • 消費財
  • 流通・サービス・交通

ファンクション

  • 全社・事業戦略
  • 成長戦略
  • 新規事業戦略
  • イノベーション戦略
  • マーケティング戦略
  • 顧客獲得維持戦略
  • M&A・アライアンス戦略
  • 海外展開戦略

求める人物像

電通コンサルティングでは、応募する役職について、企業または官公庁などでの実務経験を持つ者を基本として、以下のような人材を歓迎している。

  • 新しいビジネスモデルや新規事業開発に関心がある
  • 戦略立案のみならず、テストマーケティングを行ったり、実際に戦略を遂行する力がある
  • クロスメディアやクロスチャネルを駆使したマーケティング戦略の企画経験がある
  • 業務やプロジェクトを全うする強いコミットメント能力を持つ
  • マーケッターとして成長する意欲やモチベーションを持ち続けることができる
  • ロジカルシンキングスキルを持ち、同時にクリエイティビティも発揮することができる
  • コミュニケーション能力に長けており、チームワークを大切にできる
  • ティーチングとコーチングを使い分け、チームメンバーを統率できるリーダーシップやファシリテーション能力を持つ
  • 好奇心や遊び心を持ちながら仕事に取り組むことができる
  • 自発的にスキルアップを目指すセルフマネジメント能力が高い

キャリアパス

以下の6段階の職位がある。

アナリスト(Strong Contributor)

基本的な業務を着実に行っていく中で、プロジェクトの推進とチームビルディングに貢献することが求められるポジション。

コンサルタント(Key Player)

プロジェクトのコアとなる業務を着実に行っていくことで、プロジェクトの推進とチームビルでイングにおいて主要な役割を果たすことが求められるポジション

マネージャー(Strong Leader)

チームを着実に運営していくことで、プロジェクトをリードし、チームビルディングにおいて協力なリーダーシップを示すことが求められるポジション

シニアマネージャー(Outstanding Leader)

チームの創造的な運営により、プロジェクトをリードし、チームビルディングにおいて傑出したリーダーシップを示すことが求められるポジション

ディレクター(Evangelist of the firm)

プロジェクトおよびファームのあらゆる局面において「あるべき姿」を見極め、その実現に向けて導いていくことが求められるポジション。

シニアディレクター(Evangelist of the Industry)

書籍

  • しくみづくりイノベーション
    電通コンサルティング (著)

転職体験談Story

転職体験談一覧へ

コンサルティングファームの求人情報Recruit

セミナー情報Seminar

転職コラムColumn

コンサルティングファームのインタビューInterview