求人検索
Concord Executive Group コンサル&ポストコンサル転職

転職体験談

転職者の体験談 STORY

エージェントとの二人三脚で、憧れの外資トップ戦略ファームに合格

エージェントとの二人三脚で、憧れの外資トップ戦略ファームに合格

Fさん 31歳(男性) 有名国立大学卒ITコンサルティングファーム⇒外資トップ戦略ファーム

実質5か月間程度の転職活動を経て、憧れの外資戦略トップファームから内定を頂きました!本当に信じられません。
大野さん、秘書の河野さんがいなければ不可能だったと思います。
転職の経緯に加え、転職活動の中で考えたこと/学んだことを中心にお伝えしたいと思います。

エージェント選び:最初の失敗

私は将来的には経営者になりたいと考えており、現職ではそれに必要な経験が得られないことから数年前から転職を考えていた中、コンサル以外の選択肢も検討したく、某コンサル向けエージェントを利用しました。
表面的には親切に対応頂きましたが、あまり準備時間や情報を与えられずに、すぐに一部の会社で面接に進められてしまいました。
何もしてくれないエージェントに不信感を抱くなか、たまたまコンコードの評判を知り連絡をとりました。

大野さんとの出会い:最初の成功

大野さんからすぐに連絡を頂き、面談してもらいました。
大野さんご自身が戦略ファームにいらした経験に裏付けられた業界知識、ご提案に圧倒され、大野さんと共に転職活動を進めることにしました。
当時は個人的には戦略ファームを諦めていましたが(30歳を過ぎたら無理だと勝手に思っていました)、戦略的に転職活動を進められれば不可能ではないとアドバイスを頂き、人生が開けるような感覚を持ちました。(あっさり考えを変えてしまいましたが、大正解でした!)

一時休止:焦らずゆっくり

レジュメを作成してから、家族都合により転職活動をほぼ休止しました。
数か月間はのんびりと本を読むだけでしたが、知識や考え方の定着にとても効果的でした。
ここで焦らずにじっくり時間をかけられたのは、大野さんから「焦らなくていい」と言われたお陰です。(大野さんからお勧めされた書籍や記事は、本当にタメになりました)

転職活動の再開:不合格のはじまり

家族都合が落ち着いてから、転職活動を再開しました。
本命は残して他のファームから受け始めましたが、最初は落ちること落ちること。
あっさり戦略ファームに合格したりしないか、という甘い期待は脆くも崩れ去りました。
この時期、以下を念頭に準備を進めました。

■落ちた経験からはしっかり学び、軌道修正をすること
そもそも志望度の低めのところから選考を始めた目的はここにあったはずでした。
個々の面接に通った・通らないでつい一喜一憂してしまいましたが、よく考えたら転職先は1社しか最終的に選べないので、この段階でしっかり学び、軌道修正していこうと考えなおしました。

■大野さんに積極的に相談にのってもらうこと
大野さんは時として辛口ですが、的確なアドバイスを下さるので、面接の後にはフィードバックを作成して赤入れをお願いしていました(大野さんは多忙な相談者に気を遣っておられ、フィードバックは無理にはしなくて良いですと仰っていました。しかし私は彼の知見は大変貴重だと思っており、何であれご意見を頂きたかったので、積極的にフィードバックして赤入れしてもらいました。皆様も是非お願いすべきだと思います)。

大野さんはこの時期から「ものすごく成長してますねー!」と言ってくれるようになり、それで最後まで自信を失わずに頑張れました。

内定

結果的に、第一希望のファームから内定を頂き、転職活動を大成功で終わることができました。
転職活動を考えた時点では「行きたいけど、自分には無理だろう」と考えていた位なので、オファーを頂いた日とそれから1週間くらいは本当に現実感のない気分でした。

退職交渉の始まり:最後の苦労

諸先輩方はどうか分かりませんが、私は退職活動にも大変苦労しました。
プロジェクトで私が主要な役割を担っており、後任が見つからないため、なかなか有給が取得できませんでした。
ここでも大野さんに相談にのって頂き、退職交渉を進めることができました。

まとめ

転職活動において、心に留めておきたい点をメモしておきます。

  • 焦らないこと、しっかり準備をすること
  • しっかり相性を見極めてからエージェントを決めること
    (転職活動を本格開始する前にエージェントを見極めたほうがいいと思います。迷ったらコンコードを選ぶのがよいでしょう。
    他エージェントのセミナーも受けましたが、結局大野さんのアドバイスを超えるものではありませんでした。)
  • 面接に落ちたらそこから学び、軌道修正すること
  • 大野さんのアドバイスをしっかりもらうこと
    (心構え的なものも含め、ここには書きませんが大変効果的でした。)
  • どうせ有給は余るので、転職活動の中で積極的に使って準備時間を確保しておくこと

この事例の担当コンサルタント

大野 浩史|Hiroshi Ono
Fさんはご登録いただいた当初、多くのご相談者と同じように、戦略ファームについていくつかの誤った思い込みをお持ちで、それまでの準備も決して効率的なものではありませんでした。
誤った思い込みの最たるものが「ケースは、解法を覚えれば対応できる」というものでした。
(戦略ファームの面接は、定跡や解法を覚えて対応しようとするうちは絶対に通過しません。
定跡の通用しない課題に対して、個別最適解を探るのが戦略ファームの基本姿勢だからです。)
そこで転職活動前半では、思考力を深めることを目標に厳しいケース練習を何度も行いました。
面接の結果が芳しくない最初の状況で、私とも厳しいケース練習をするのは、決してラクではなかったはずです。
しかしFさんはへこたれず、徐々に思考すること自体を楽しめるようになり、それ以降は面接も強くなられ、最終的にはトップファーム2社からの内定獲得という輝かしい戦績を残されました。
言うまでもないことですが、戦略コンサルタントの仕事はプレッシャーも強く、ラクなものではありません。
しかしFさんであれば、入社後も「苦境でもへこたれずに思考を楽しむ」強みを発揮して活躍されるものと信じています。

ゼネラルマネージャー 大野 浩史 略歴

東京大学法学部卒業。大手保険会社を経て台湾に渡り、現地物流会社で経営幹部として活躍。帰国後、ボストン・コンサルティング・グループに参画し、多数のプロジェクトに従事する。その後、特化型ファームでグローバル人材マネジメント等のコンサルティングを経て、コンコードに参画。

コンサルタント詳細ページへ

一緒に読まれている体験談

思い切ってコンコードに相談したのが転職成功の鍵でした

コンサル

思い切ってコンコードに相談したのが転職成功の鍵でしたコンサル

Iさん 32歳(男性) 有名私立大学卒大手金融機関⇒戦略系コンサルティングファーム

思い切ってコンコードに相談したのが転職成功の鍵でした Iさん 32歳(男性) 有名私立大学卒大手金融機関⇒戦略系コンサルティングファーム キャリアチェンジのきっかけ 社会人になった当初から自身のキャリアアップについて熱心 […]

詳細ページへ

「コンコード以外はあり得ない」と思った理由

コンサル

「コンコード以外はあり得ない」と思った理由ポストコンサル

S・Tさん 28歳(男性) 有名国立大学大学院修了大手総合ファーム⇒戦略ファーム

「コンコード以外はあり得ない」と思った理由 S・Tさん 28歳(男性) 有名国立大学大学院修了大手総合ファーム⇒戦略ファーム 岡部様との出会いがなければ今回の戦略ファームへの転職活動の成功はありませんでした。 元のファー […]

詳細ページへ

この体験談をご覧の方にお勧めの求人情報

転職支援の流れ

コンコードエグゼクティブグループでは、以下の流れでキャリア支援サービスを行っています。ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。キャリア支援サービスは、全て無料です。

  • step1,
    ご登録
  • step2,
    キャリア面談
  • step3,
    案件紹介
  • step4,
    選考対策
  • step5,
    応募
  • step6,
    面接
  • step7,
    内定
  • step8,
    入社前/後

詳細ページへ
無料転職相談:登録はこちら
私達が大切にしてること