求人検索
Concord Executive Group コンサル&ポストコンサル転職

注目企業情報

#4 組織人事コンサルでキャリア構築をする醍醐味と求める人物像

Index

#4 組織人事コンサルでキャリア構築をするメリットや面白さとは

CEG 佐藤:
話が変わりますが、コンサルタントといっても戦略、会計、テクノロジーなど数多く専門領域がありますよね。
人事コンサルでキャリアを積むメリットや面白さを、作佐部さんご自身の経験も踏まえて是非教えていただけますでしょうか。

PwC 作佐部:
やはり、個人的にはまだどこにも正解がないという点に最大の魅力を感じています。
私見ではありますが、サプライチェーンやファイナンスの領域は、専門家が多いこともあり、理想のモデルというものは見えていて、あとはそのモデルにいかに早くたどり着くかが問われている面が強いと思います。
逆に人材の世界に関しては、このモデルがベストという正解がなく、だからこそ自分たちでこれからのルールや世界を描いていける余地と楽しみがあるというのが面白さです。

あともう1つあるとすれば、組織や人材を変えていくというのは、単に理論や数字の世界の話ではなく、実際現場に入り込んでお客様や、変わってもらいたい人と一緒に汗水流して変えていかなければならないという点です。
ストラテジックな部分もありますが、泥臭さというか(笑)、現場感があるという、両方味わえるのが組織人事コンサルの醍醐味なのかなと思います。

今後の面白さという点では、日本は人事課題先進国という点も付け加えておきたい点です。
少子高齢化の問題をはじめ、テクノロジーの面でも、グローバルの面でも一番問題が深刻です。
だからこそ我々が先進のソリューションを作って、グローバルにノウハウを展開できる、リードできるといったポテンシャルをとても感じています。

CEG 佐藤:
さて、採用に関するお話をお伺いしたいのですが、P&Oで求めている人物、こんな人たちに来て欲しいというメッセージをお願いいたします。

PwC 作佐部:
未経験の方、即戦力の方を問わず、変化に対して前向きな人とご一緒したいと考えています。
いまファームの中でも、組織・人事領域における成長への期待が高まっていますが、裏を返せば、クライアントが人材面で新しい悩みを抱え始めているということでもあります。
そうしたクライアントのお役に立てるよう、我々としても新しいソリューションやサービスを次々と立ち上げていますので、何か組織人事の領域で新しいことをやっていきたい、組織人事の世界で名前を残したいという志向の方にお越しいただきたいです。

あと、我々はグローバル総合ファームですので、色々な国、領域の人の知恵や経験を借りながら進めていける柔軟性とダイバーシティを持っているほうが組織の良さを活かして仕事を進めやすいかと思います。

CEG 佐藤:
最後に、女性が活躍できる環境は整っておられるか是非ともお聞かせください。

PwC 作佐部:
P&Oはメンバーの約半数が女性で、ご家庭やお子さんもお持ちのメンバーも数多くいます。
女性が働きやすい職場かどうかは、お題目やスローガンではなく、実際にどれだけの女性が働いているかという結果が大事だと思っています。
その点、いま我々のチームで女性が半分を占めているということは、他のコンサルファームに比べ働きやすいということですし、実際に働いたときも周りのサポートやアドバイスも受けやすい環境だといえます。
出産前や育児時期のサポートも充実していますので、女性メンバーにもっと来ていただき、活用してもらえればと期待しています。

CEG 佐藤:
本日はお忙しい中大変貴重なお話ありがとうございました。

編集後記

今回のインタビューを通じ、特に印象的だったことは、旧来の人材育成支援や人事制度改正支援といった我々のよく知るソリューションから変化を遂げ、経営層に対する経営支援サービス色がかなり強くなってきている点です。
また、昨今のビジネス・ワークスタイル多様化によるソリューションの多様化も進み、求められるスキルもアナリティクス等の新しいスキルも出てきているのも特徴です。
人がテーマの人事組織コンサルだけに数字分析だけでは解決できない面白さがある専門職だと改めて感じました。

*最後に新オフィスの風景を特別に公開していただけるとのことでご案内いいただきました。

作佐部 孝哉 | Takaya Sakusabe 【パートナー 】

作佐部 孝哉 | Takaya Sakusabe 【パートナー 】

PwCコンサルティング パートナー。20年以上にわたり、組織・人事領域のコンサルティングに従事。 組織領域では、本社機能の設計、地域統括会社の設立、事業部組織の再編、バックオフィス機能の集約化/アウトソーシング、コーポレートガバナンスの設計、人事領域では、人事戦略・人材活用戦略の策定、役員の選抜・登用制度の設計、グローバルリーダーの選抜と育成、グループ共通での人事制度設計、組織風土・意識改革など国内外で数多くの変革プロジェクトの経験を持つ。 人事とITを融合した、ワークスタイル変革、組織人事アナリティクスにも精通する。 組織・人事領域におけるThought Leaderとして寄稿・講演の実績多数。