求人検索
Concord Executive Group コンサル&ポストコンサル転職

注目企業情報

#5 IGPIを目指す方に一言

Index

経営共創基盤の企業情報はこちらをご覧ください。

「経営共創基盤&コンコード スペシャルインタビュー vol,1 村岡パートナー」はこちら

#5 IGPIを目指す方に一言

岡部:
では、これからIGPIさんを検討される方に一言をお願いします。

安岡:

さきほどの話とつながるのですけれども、今やられている仕事を突き詰めていきたい方はそれでいいと思います。
そうでなくて、自分の強みを持ちつつも、もっと幅を広げていきたいという思いがある方にとっては、弊社は色々なチャンスがあり、かつ願い出れば、そのチャンスを掴むことのできる会社です。
例えば、私みたいなバックグラウンドでもっと事業サイドを見てみたいと言ったり、コンサルの出身の方だともっと財務サイドを観たいとか、もっとハンズオンをやりたいと言えたり。
そういった色々な形のプロジェクトがある会社なので、そういったところでチャレンジをしてみたいという方にはすごく良い会社なのかなと思います。

大野:
プロジェクトのアサインに自身の意思を反映させることはできるのでしょうか。

安岡:
可能ですね。
アサイメントは基本的にはパートナー会議の中で、その時の各人の稼働状況や個人のバックグラウンド、スキルセットを踏まえて決定されるのですが、アサインされる側は受け身かというと全くそういうことはなく、自分がこういう案件にアサインされたいというのを継続的に発信していると会社はそれを尊重してくれます。
ですので、これも本人次第ですね。
「これをやりたい」と言えばちゃんとアサインしてくれますので。

玉木:
常にそれを言っておくかどうかですね。
黙って口を開けていてもなかなかエサは入ってこないので、しっかりエサを追い求めているかどうかというところだと思います。
実際私はバックグラウンド的にFAとは程遠い人間でしたが、今実際にやっていますし。
社員のそうしたチャレンジは会社としても一定のリスクがあるのですが、そのリスクをきちっと上がフォローした上でやらせてもらえる風土だと思います。

安岡:
新たなチャレンジをするにしてもすごく助かるのが、例えば社内に弁護士や税理士、会計士がいたり、戦略コンサルの出身がいたり、M&Aのプロフェッショナルがいたり、という状況なので、分からないことや専門的な知見を持った人のインプットが必要なことがあれば、すぐ聞きにいけることです。

玉木:
例えば、安岡と私は非常に席が近いのですけれども、私が今回FAをやるというときにかなり質問させてもらいましたし、色々とインプットをもらいました。
そういうプロが転がっていますので、そこは苦労しないという感じですね。

これから検討される方への一言ですね。
中途で入られる方は一定の経験とスキル、あるいは自信とプライドをお持ちですが、それをもってしても敵わない領域が非常に多くあり、そこに敢えて飛び込んでいかないといけないのがIGPIです。
それをポジティブに捉えられる方、要は高いハードルを自分に課すことができる方は弊社に向いていると思います。
当然かなり苦しい思いをすると思います。
ある種新卒でコンサルに入るより苦しいはずです。
新卒のコンサルって、真っ白なキャンバスに絵をどんどん書いていけばいいし、カラカラに乾いたスポンジに水をどんどん入れていけば良いのですけど、中途の場合そうではなく、既にある程度絵が描かれているところにどう塗っていくかという領域になるので、ハードルはさらに高いのです。
それに、一つのことをやっていけばよいというわけでもないのです。
例えば事業会社の人が戦略コンサルに転職するとなるとこれはこれで相当大変ですしものすごく苦労しますが、ただ一つ「戦略コンサル」を突き詰めればいいわけですよね。
私も役人から戦略コンサルに行きましたのですごく苦労したのですが、でもハードルは「戦略コンサル」でした。
これに対してIGPIは、ハードルが越せども越せどもいくらでも出てくるというところがあり、さらにつらい。
そういう環境が自分にとって非常に好ましい、望ましいと思える強い意志のある方は、是非とも来ていただきたいですね。

大野:
すごく抽象的な質問になってしまい恐縮ですが、玉木樣が4年前に厳しいと言われる戦略コンサル業界からIGPIに移られて、その時のご自身が例えば10だとしたら、今の自分はいくつくらいと言えますか。
現在使っているスキルの中で、戦略コンサル時代に培ったスキルはどれぐらい使われていますでしょうか。

玉木:
半分の5以下ですね。
ただ、それを少ないとみている訳ではなくて、自分のベースとして半分くらいはきちっと使っているというイメージです。

岡部:
ありがとうございました。
非常に優れた方たちから鼻っ柱を折られながら、切磋琢磨できるファームなのだと心底思いました。

安岡:
だいたい鼻っ柱は折られますね。新卒でプロフェッショナルファームに行っているような方はたぶんそうですね。

大野:
戦略ファームご出身の方は、そこで一回、鼻っ柱を折られているはずだと思うのですが(笑)。

玉木:
戦略ファームで一回ぼこぼこにはされているのですけど、IGPIでもう一回ということですね。そのもう一回って心理的ハードルは高いと思うのですけど(笑)。

岡部:
出来上がったところでやられるのは結構辛いですよね(笑)。

→編集後記

→IGPI&コンコード スペシャルインタビュー vol,1 村岡パートナー

玉木 彰 | Akira Tamaki【マネジャー】

玉木 彰 | Akira Tamaki【マネジャー】

防衛省にて政策立案や法令改正、省昇格業務に従事した後、ブーズ・アレン・アンド・ハミルトン(現PwCストラテジー)において官公庁、金融業、製造業、製薬業、不動産業等に対するコンサルティングを経験。主に成長戦略・事業戦略、業務改善、コスト削減等に従事。その後、IT系企業の戦略コンサル部門を経て、IGPIに参画。 京都大学経済学部卒。


安岡 祥二 | Shoji Yasuoka【マネジャー】

安岡 祥二 | Shoji Yasuoka【マネジャー】

ライブドア入社後、グループM&Aを中心とする経営企画関連業務に従事。2006年の所謂「ライブドア事件」後は、子会社・事業の第三者への譲渡や清算、証券訴訟対応、株主還元施策の検討・立案等に携わる。2010年にシティグループ証券株式会社投資銀行本部に参画、テレコム・メディア・テクノロジー(TMT)セクターにおけるM&A案件や資金調達案件に係る案件遂行・提案業務等に従事。2013年5月よりIGPIに参画。東京大学教養学部卒。