求人検索
Concord Executive Group コンサル&ポストコンサル転職

注目企業情報

#1 プロジェクト内容は幅広く、多くの案件を任される

Index

経営共創基盤の企業情報はこちらをご覧ください。

「経営共創基盤&コンコード スペシャルインタビュー vol,1 村岡パートナー」はこちら

#1 プロジェクト内容は幅広く、多くの案件を任される

岡部:
お二人がIGPIに参画されるまでのキャリアと、現在従事されているプロジェクトについてお聞かせください。

玉木:

私は大学卒業後、国家公務員として中央省庁に入り、政策立案や国会答弁の作成、法律改正といった政府の仕事を三年半ほどしていました。
その後戦略コンサルティングファームに移り、四年半ほど勤めておりました。
それから新興の国内ファームに移りまして、戦略チームの立ち上げというミッションを行いました。
一定程度目途がついたということと、少し目指す方向性が違うと思ったことからIGPIの方に移り、もうすぐ4年というところです。

戦略ファームの出身ということで、IGPIではそこを一つの軸にしつつ、より幅広いスキルを身につけ、より現場に寄った仕事もしたいと思い、参画しました。
これまでIGPIでは再生のプロジェクトを複数やらせていただきました。
現在はとある会社の経営企画部・国際事業部という二つの事業部にデスクをもらって半常駐し、彼らと共にプロジェクトを進めています。
また、それに加えて、私のバックグラウンドとは全く異なるバイサイドの買収案件にも携わっており、FAや事業デューデリジェンスなどを並行してやっているという状況です。

安岡:
私は、学生時代インターンシップをしていたITベンチャーに2004年の4月にそのまま入社しました。
主にM&Aの色々な案件に、バイサイド側として関わりながら仕事をしていたのですけれども、2006年に大きい事件が起こり、会社が大変な状況になってしまいました。
そこからはひたすら子会社を譲渡したり訴訟に対応したりと、セルサイドに完全に移りましたが、やはり一貫してM&Aに携わりながら2010年くらいまでその仕事を続けていました。
一通り主な子会社の整理などが終わったので、そこでキャリアも一区切りつけようと考え、それまで数多くM&Aに携わっていたこともあって、投資銀行に転職しました。
そこではM&Aをやりながら、一方で資金調達周りのお仕事や、それに関する提案業務などを三年弱ほどやらせていただきまして、2013年の5月にIGPIに参画しました。
私も玉木と同様、前職のバックグラウンドを活かせるM&Aのアドバイザーやディールのエグゼキューションのお手伝いを軸としつつも、それに加え、その上流の戦略立案とか事業周りのお手伝い、新規事業の立ち上げやアライアンスといった仕事もいくつかやらせていただいています。
少し変わった案件では、投資家として弊社の自己資本をベンチャー企業に投資するという案件もやらせていただいて、つい先日それが一つ投資完了したばかりです。
まだ入社して一年ちょっとですが、十件近く案件をやらせていただいているという状況です。

大野:
一年で十件近くというのは、他のコンサルファームより多く感じますね。

安岡:
多いですね。期間が短く集中して検討することがあるのはM&Aの案件の特徴だと思います。
三か月から四か月間といった期間で集中して案件があることが多いので、そういう案件に多くアサインされている結果だと思います。
それでだいたい常に二、三件並行して携わらせていただき、多いときには四件を超える時期もあります。

大野:
プロジェクトの幅も広いですね。新規事業の立ち上げというのは、新卒で入られたベンチャー企業でのご経験があったのでしょうか。

安岡:
経験があるにはありました。ですが、この会社で関与させていただいたのは大企業の新しい試みとしての新規事業なので、規模感や様相が非常に異なるものです。
関係者の調整も含めて色々と大変で、新しいチャレンジとして考えています。

→#2 幅広く、深くクライアントに関わり続けることが可能な環境

玉木 彰 | Akira Tamaki【マネジャー】

玉木 彰 | Akira Tamaki【マネジャー】

防衛省にて政策立案や法令改正、省昇格業務に従事した後、ブーズ・アレン・アンド・ハミルトン(現PwCストラテジー)において官公庁、金融業、製造業、製薬業、不動産業等に対するコンサルティングを経験。主に成長戦略・事業戦略、業務改善、コスト削減等に従事。その後、IT系企業の戦略コンサル部門を経て、IGPIに参画。 京都大学経済学部卒。


安岡 祥二 | Shoji Yasuoka【マネジャー】

安岡 祥二 | Shoji Yasuoka【マネジャー】

ライブドア入社後、グループM&Aを中心とする経営企画関連業務に従事。2006年の所謂「ライブドア事件」後は、子会社・事業の第三者への譲渡や清算、証券訴訟対応、株主還元施策の検討・立案等に携わる。2010年にシティグループ証券株式会社投資銀行本部に参画、テレコム・メディア・テクノロジー(TMT)セクターにおけるM&A案件や資金調達案件に係る案件遂行・提案業務等に従事。2013年5月よりIGPIに参画。東京大学教養学部卒。