求人検索
Concord Executive Group コンサル&ポストコンサル転職

注目企業情報

【特集記事】EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング


BIG4系総合ファームであるEYグループは、日本市場でのコンサルティングビジネスの成長にむけて2017年1月に組織統合を行い、新たにEYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社が誕生しました。
EYのEMEIA(ヨーロッパ・中近東・インド・アフリカ)のリーダーであったアンディー・エムブリー氏を代表取締役会長に迎え、始動した新生EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング。
その戦略、同社にとっての日本の重要性、および求める人物像など、エムブリー氏に詳しくお話をお伺いしました。


EYの強みと他ファームとの差別化要素

エムブリー氏EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングは現在1,300名以上のプロフェッショナルを有し、数年以内に我々のビジネスサイズを倍増させる野心的な成長プランを掲げています。

我々は様々なコンサルティングファームと競争関係にあり、異なる競争優位性を持っています。 例えば戦略ファームに対しては、戦略ファーム以上に現場に根差した実現可能な戦略立案や実行支援ができ、またグローバルクライアントに対しては、より広い拠点数と充実した人員体制でサポートすることができます。

大手ITファームに対しては、我々は中立的立場からITに対する専門的アドバイスができることに加えて、IT側だけでなく、ビジネス・業務側に対するご支援も幅広くできる強みがあります。

他のBig4に対しては、どこよりもグローバルに広がる人的ネットワークと品質の高いクライアントサービスが提供できていることで、どの地域、どのサービス領域でもベストプラクティスアプローチでサポートできます。


豊富なビジネスチャンスを持つ、戦略的投資地域としての日本

エムブリー氏日本は世界第三位の経済規模を誇り、世界的によく知られた大企業が多数存在しています。
多くの日系企業は海外進出に力を入れていますし、外資系企業も依然として日本市場に積極的な投資をしています。
グローバルクライアントの支援をあらゆる地域で支援することが使命のEYアドバイザリーにとって、日本が戦略的投資地域であることはいうまでもありません。
次の5年間で日本のEYアドバイザリーは大きく成長する機会があります。

また、日本において、我々のコアビジネスであるファイナンス、サプライチェーン、リスクマネジメント関連のコンサルティング需要は依然として強いです。
加えて、近年では最新のデジタルテクノロジーを活用したもの―ロボティクス、AI、アドバンストアナリティクス、サイバーセキュリティ、IoTなど― が大きな市場関心となっています。

更に興味深いことに、ストラテジーコンサルティングとピープルアドバイザリーコンサルティングも引き合いは増えています。
結局、デジタルテクノロジー起点のビジネスモデルチェンジやオペレーションチェンジを起こす際にも、戦略とヒトの問題を一緒に考えないとうまくいかないとクライアントも考えているからだと思います。

欧米とのもっとも大きな文化的違いを述べると、日本に根差す高いカスタマイズ志向性だと思います。
これは特にテクノロジーコンサルティングにおいて、使い勝手がよくなる代わりに標準化から離れるので、テクノロジーのライフタイムコストや導入難易度の上昇といったリスクがあることをもう少し啓発し、標準化やグローバルスタンダードに近づけていく努力も必要だと感じています。
また、クライアントはどこの世界でも高い品質サービスを求めますが、とりわけ日本のクライアントは高いレベルを求めていることを実感しています。


グローバルとのスムーズな連携を通じ、更なる成長を目指して

エムブリー氏我々ジャパンのEYアドバイザリーは組織再編を通じて、完全にひとつのアドバイザリーアンドコンサルティング部隊として統合し、グローバルとも連携できるようになりました。

我々の使命はクライアントの戦略や実行をあらゆる側面から支援し、ビジネスを成功に導くことです。
そのような仕事ぶりを通じて、EYは特別な存在、重要なビジネスパートナーであると、日本及びグローバル市場でクライアントから認知してもらうことが我々の願いです。

このような取り組みがEYのブランドや我々に優秀なタレントが集まり、また働き続けることにつながります。
それが実現できれば、結果として我々の野心的な成長プランも実現できると信じています。

また、我々EYは広いサービスラインの組織であることから、優秀な人材に様々な面白く、時にチャレンジングな成長機会を提供できます。
それを支えるトレーニング、コーチング、フェアな人事評価といった仕組みも整っています。

加えて、我々は世界140か国に合計23万人のプロフェッショナルを有するグローバルファームです。
あなたが世界で活躍したいならばあらゆるチャンスが広がっています。
弊社に興味を持ってくださる方がいればまず、我々とお話ししましょう。
それが他ファームとの違いを実感する第一歩だと思います。


アンディー・エムブリー |Andy Embury【代表取締役会長】

アンディー・エムブリー |Andy Embury【代表取締役会長】

PW(現PwC)でコンサルキャリアをスタートさせてから、以降30年以上のキャリアを有する。2002年にPwCがIBMにグローバルコンサルティング機能を売却するまで、PwCのUKにおけるコンサルティング部門を統率。その後、IBMにて5年間過ごした後、2008年にEYにジョイン。英米での勤務を経てEYアドバイザリーのEMEIA地域(ヨーロッパ・中東・インド・アフリカ)のマネジメントパートナーを担当後、来日。
現在は日本におけるEYのアドバイザリー・アンド・コンサルティング事業全体を統括する。

無料転職相談:登録はこちら 私達が大切にしてること