求人検索
Concord Executive Group コンサル&ポストコンサル転職

注目企業情報

#2 最新技術を活用したダイナミックなプロジェクト

Index

#2 最新技術を活用したダイナミックなプロジェクト

アビームコンサルティング SCMセクター プレミア インタビュー 富田雅樹氏

CEG山口先ほど、アビームクラウドということでサービスを提供されているということですが、このあたりを、具体的にお聞かせいただいてもよろしいですか?

アビームSCMセクター プレミア インタビュー

アビーム富田はい。いわゆるクラウドを提供するベンダーというのは、基盤(インフラストラクチャー)として、従量課金でデータベースを使えるようにするなどが多いと思いますが、弊社では、アビームクラウドという名の下で、基盤の提供だけではなく、その上に、業種別に構築されたERPテンプレートや、各業務領域で使用される専門アプリケーション群を効率的に使える仕組みとして、保守サービスも含めてワンストップで提供しています。

どんなアプリケーションがあるかというと、お客様のビジネスにおける“攻め”と“守り”の両面で活用を推進しています。「守り」とは、所謂ビジネス継続のための、我々の最大の強みであるSCM業務プロセスそのもので使える、ERPを中心とした業務アプリケーションになります。一方、「攻め」については、デジタルビジネスへのシフトに本当に対応できるものとして、センサーやモバイルデバイスを活用したIoTプラットフォームへの対応も進めており、チャレンジングな企業の取り組みもサポートします。そういった観点で、お客様のビジネスイノベーションを支えるプラットフォームという位置づけでアビームクラウドを提供しています。また、常に我々は新しい事例、ソリューションを作って、あるお客様に提供したら、弊社内でフィードバックしアセット化して、アビームクラウド基盤の上でサービス提供できるようにしていますし、そのような形で弊社がもつサービスを必要なだけ使っていただくという、いわゆるエコシステムを目指しています。

アビームSCMセクター プレミア インタビュー

CEG佐藤御社のご支援も時代の流れとともに変化し続けているのですね。アビームクラウドはすでに導入が開始しているのでしょうか。

アビーム富田はい。様々なメリットが評価され、すでに多くの企業に利用されています。今も、タイやメキシコ、中国で複数のプロジェクトが走っています。弊社は、長年にわたるグローバル企業のコンサルティングで培ってきたノウハウを凝縮したアビームクラウドの提供を通じて、ビジネスの生産性向上やイノベーション創出を強力に支援していく体制を整えていきます。

CEG佐藤先ほどのアビームクラウドを活用するような全社BPRのプロジェクトの他にも、様々なプロジェクトがあるかと思いますが、具体的な事例について教えて頂けますでしょうか。

アビームSCMセクター プレミア インタビュー

アビーム富田全社BPRの他にも、SCMの観点から、様々な業種のお客様に対して、多岐にわたるプロジェクトを推進しています。例えば、少し変わったところで言うと、空港での入国審査の動線シミュレーションのプロジェクトをやったことがあります。空港での入国審査は、よく待ち行列ができていると思いますが、空港によってはかなり待ち時間が長くなっているところがあります。この行列を減らせるようにプロセスを効率化するためには、スタッフを何人にすればよいか、もしくは自動チェックイン機を何台追加すればよいか、というシミュレーションをしてほしいという依頼がありました。これをSCMセクターがやっているのは少し不思議に思われるかもしれませんが、このプロジェクトは、生産ラインの最適化と同じ考え方で進めていけるからなのです。工程のボトルネックを特定して、そこをどれだけ改善するとどれだけ全体の効率が上がるのか、というところの知見を動線シミュレーションに結びつけた形です。

CEG佐藤それは非常に面白いですね。プロジェクトのテーマがSCMではなくても、SCMでよく使われる手法や考え方を活かすことで解決していると。

アビーム富田おっしゃる通りです。ほかにも、ある業界団体からの依頼を受け、グローバル化の加速、テクノロジの進化などビジネス環境が変わる中で、その業界団体や対象の日本企業が向かう将来像の構築に関わるものや、業界団体の存在意義を再定義する部分をご支援するような案件もありました。

アビームSCMセクター プレミア インタビュー

CEG山口なるほど。SCM関連の日々のプロジェクトで蓄積された最新のビジネス動向を提供されることで、このような戦略的なディスカッションを展開されていらっしゃるのですね。

#3 クライアントをSCM先進企業にするための取り組み

富田 雅樹 | Masaki Tomida【プロセス&テクノロジービジネスユニット SCMセクター長】

富田 雅樹 | Masaki Tomida【プロセス&テクノロジービジネスユニット SCMセクター長】

学生時代のアルバイトを継続して1995年に入社。公認会計士。
製造業を中心に様々な業種において、経営戦略実現のための戦略立案からプロセス改革、システム導入までを幅広く支援し、特に日系企業のグローバル展開プロジェクトの経験が豊富。
現在はSCMセクターの責任者を務め、企業における戦略的なサプライチェーンの構築支援をしている。