求人検索
Concord Executive Group コンサル&ポストコンサル転職

キャリアガイド


ポストコンサル転職の基礎

ポストコンサル転職の基礎知識

コンサル経験者が、事業会社の経営幹部、ファンドやコンサルティングファームの幹部など業界内外のハイポジションを目指すポストコンサル転職。
ポストコンサルは、コンサル経験がない方では得ることのできない様々なチャンスを手にする「プラチナチケット」をもっています。

ここでは、ポストコンサルが人材市場で評価される理由や、主要なネクストキャリアを中心として、ポストコンサル転職に必要な基礎知識をご紹介します。


ポストコンサルとは

コンサルティングファームの出身者を「ポストコンサル」と呼びます。
具体的には、コンサルティングファームやシンクタンクのコンサルティング部門で従事した経験をもつ元コンサルタントの方々です。

ポストコンサルは、業界内外のハイポジションへの転職が可能な「プラチナチケット」をもっています。これは、コンサル経験のない方では得られない、特別な転職チケットです。

一方、ポストコンサルの受入に慣れていない事業会社がまだまだ多いのも実情です。
会社の実情をよく知り、ご自身にフィットする企業を慎重に選ぶことが、ポストコンサル転職の成功の鍵のひとつです。

また一口に「ポストコンサル」と言っても、マッキンゼーBCGに代表される戦略系コンサル、総合系ファーム、シンクタンク、組織人事コンサル、IT系コンサル、財務系コンサル(FAS)など、様々な領域のコンサルティングファームの出身者がいます。

出身コンサルティングファームや経験したプロジェクトによって、身につくスキルセットやネクストキャリアはやや異なり、以下のように大別されます。

戦略系・総合系・大手シンクタンクの戦略コンサル経験者

様々な業界を対象に、経営戦略やマーケティング戦略、M&A戦略、組織変革などのプロジェクトを幅広く経験しています。
一方、特定領域における専門知識はやや薄くなる傾向があるため、CEO、COO、事業責任者などゼネラルなカラーの強い経営幹部を目指すキャリアを形成することが多くなります。
業界を問わず、事業会社の経営企画部門、マーケティング部門、M&A部門、経営陣直下の特命チーム、幹部育成コースなどへの転身が可能です。
また、英語力や年齢との兼ね合いもありますが、PEファンドや投資銀行へのキャリアチェンジも珍しくありません。
コンサルティング業界内での転身ももちろん可能です。
戦略コンサルタントとしての抜擢だけでなく、財務系や組織人事系などの専門領域に特化したコンサルタントへ転身することもあります。

IT系、組織人事系、財務系(FAS)コンサルの経験者

専門領域に特化したコンサルティングファームと、総合系ファームや大手シンクタンクの中でこのようなコンサルを経験した方が該当します。
このような専門領域に特化したコンサルの経験者も幅広い業界の事業会社への転身が可能です。
ただし、IT企画部門、組織人事部門、M&A・財務部門など、それぞれの専門領域に該当する部門へ転身するケースがほとんどです。

その後は、培った専門知識と経験を活用して、CIO、CHO、CFOなどの経営幹部を目指すキャリアをつくる方が多くなっています。
コンサルティング業界内での転身も、即戦力人材として高い評価を受けますが、専門性をいかして競合のコンサルティングファームへ移るケースがほとんどです。
尚、財務系コンサルの出身者は、財務スキルを持つ人材を求めているPEファンドや投資銀行でも高い評価を得ることが出来る点で、大変ユニークなキャリアとなっています。

このように、ポストコンサルは、ネクストキャリアの選択肢が幅広く、しかも高いポジションで転職先に迎えられることが多いという大きな特徴があります。
これは一体何故なのでしょうか?

ポストコンサルが評価される理由

ポストコンサルが評価される理由

ポストコンサルの最も特徴的なスキルは、「問題解決力」です。
ポストコンサルは、コンサルタントとして、様々な業界の企業を対象に、経営者視点で専門領域の問題解決を数多く経験してきています。

企業は、業界が異なっても同じような問題に直面していることが多く、その解決には以前のプロジェクトでの経験を活かすことができます。
このような経験を積むことで、ポストコンサルは、固有の業界や企業に縛られない“汎用的”な問題解決能力を培ってきています。
まず、この“汎用的”な問題解決能力を、ポストコンサルが様々な業界で迎え入れられている理由として挙げることができます。

また、経営者視点で問題解決を行なってきた豊富な経験を持っていることが、ポストコンサルが事業会社の役員や事業責任者といったポジションに、若くして抜擢される理由のひとつとして挙げられるでしょう。

ポストコンサルのもう一つの特徴は、「リーダーシップ」にあります。

一昔前までのコンサルタントは、「机上の空論」と揶揄されることも、少なくありませんでした。
このようなイメージをお持ちの方も少なくないでしょう。
しかし、これはだいぶ以前のコンサルティング業界の話です。
現代のコンサルティングファームの多くは、実行支援まで踏み込んで、クライアントへ具体的な成果をもたらすことを重視しています。

そのため、クライアント企業の組織や人、場合によってはクライアント以外のステークホルダーも巻き込んで動かすということも、コンサルタントは若いうちから経験しています。
しかも、会社の部下や大企業の看板を使って、人を動かしている訳ではありませんので、当然のことながら、高いリーダーシップが求められます。

このようにして身につけたリーダーシップがあるので、起業家として成功したり、事業会社の幹部として高い評価を受けたりしているのです。

ポストコンサルの主要キャリア

ポストコンサルは、業界内外のハイポジションへの転職を叶える“プラチナチケット”をもっています。
実際、ネクストキャリアにおけるポストコンサルの活躍には目覚ましいものがあり、実に様々な分野で活躍しています。
以下に「ポストコンサル」の代表的なネクストキャリアを分類してご紹介します。

外資系企業

引き続き、外資系事業企業は、ポストコンサルの転職先として最もメジャーなキャリアパスとなっています。
具体的には、MSDやファイザーなどの製薬会社、Amazon、アップル、DELLなどのIT関連企業、P&GGE、メットライフ生命などが代表的な企業として挙げられます。
実力や実績に応じて、高い給与を支払う企業が多いため、給与水準の高いポストコンサルの採用もスムーズに行なうことが出来るのが特徴です。
詳細ページへ


大手日系企業

中途採用に消極的であった大手日系企業にも変化が見られます。
グローバルに活躍できる人材や投資先企業の経営をリードできる人材を求める財閥系商社や大手メーカーなどの大手日系企業が、ポストコンサルの採用に乗り出しています。
外資系企業の東京オフィスとは異なり、世界展開するグループ全体の本社として、意思決定にかかわることができる点はメリットのひとつです。
ただし、中途採用人材の処遇に慣れていない企業が多いので、入社時の待遇やその後のキャリアパスに注意して、入社する必要があります。
詳細ページへ


成長企業

インターネット系企業をはじめとして、AI・ロボット、農業、環境・エネルギーなど様々な領域で、新しいビジネスモデルを武器とする成長企業が立ち上がってきています。
これらの企業は経営者が若いので、若いポストコンサルでも経営陣に抜擢されることも珍しくありません。
また、社会的な問題を解決する画期的な事業をリードできる点も、ポストコンサルを惹きつける大きな魅力です。
詳細ページへ


オーナー系企業

事業承継の課題に直面するオーナー系企業が、次世代の経営陣として、ポストコンサルを採用しています。
グローバル展開や新規事業立上げの責任者や次代の社長の右腕として抜擢されるケースなどが代表的です。
オーナー一族に評価されれば、社内で高いポジションと報酬を得ることも可能で、現代のポストコンサルにとって有力なキャリアとなっています。
詳細ページへ


コンサルtoコンサル

コンサルティングファーム間で転職をするキャリアパスが「コンサルtoコンサル」です。
領域シフト型、ワークライフバランス改善型、営業リソース改善型などに大別されます。
身につけたコンサルティングスキルをダイレクトに活用できるので、移籍先から高い評価を得やすく、年収水準が高い点も大きなメリットです。
現在では、多種多様なコンサルティングファームが存在するので、ニーズにフィットするファームを見つけやすくなっており、ポストコンサルにとって有力な選択肢となっています。
詳細ページへ


投資銀行

ゴールドマン・サックスモルガン・スタンレーをはじめとする投資銀行もポストコンサルのキャリアパスのひとつです。
企業を大きく飛躍させるM&Aを支援するという仕事内容や外資戦略系ファームを超える非常に高い年収水準が魅力です。
特に財務系のスキルと高い語学力を持つ、若手コンサルタントにとってはフィットしやすくなっています。
詳細ページへ


ファンド

プライベートエクイティーファンド(PEファンド)は、ポストコンサルにとって大変人気の高いキャリアパスとなっています。
コンサルティングスキルを活用しながら、投資先企業の成長を長期間にわたり、責任ある立場からサポートできます。
また、担当投資先を成長させることができれば、キャリーボーナスで大きな資産を築くことができる点も魅力的です。
詳細ページへ


インターネット系企業

業界の成長を背景に、ポストコンサルのネクストキャリアとして、急拡大しているのがインターネット系企業です。
グローバル展開を目指す企業も多く、新規事業への進出も積極的に行なわれており、ポストコンサルにとって大変やりがいのあるステージが用意されています。
ネットビジネスのスキルと経験を積んだ人材は、ネット業界以外の様々な業界で求められており、次世代のハブキャリアとしても大きな注目を集めています。
詳細ページへ


起業

起業というキャリアも、ポストコンサルの有力な選択肢のひとつとなっています。
経営スキルを活用して事業を立ちあげて、社会をより良くする活動に取り組みたいという志を持つ方にはうってつけです。
また、ビジネスが軌道に乗れば、桁外れに高い収入を得ることもあり、その点でも大きな魅力があります。
詳細ページへ


ポストコンサル向けの求人情報はこちら

無料転職相談:登録はこちら
私達が大切にしてること