求人検索
Concord Executive Group コンサル&ポストコンサル転職

キャリアガイド


先端・専門領域系

概要

先端・専門領域系

先端・専門領域系コンサルティングファームは、特定業務や業界に特化したコンサルティングサービスを提供しています。
ハイテク業界特化、エネルギー業界特化など業界に特化したファームのみならず、知的資本領域特化など先端的なテーマに対して意欲的に取り組むユニークなファームも登場しています。
「クライアント企業の顧客を自社会員として囲い込む」という新たなビジネスモデルをもつコンサルティングファームもそのひとつです。
近年では、社会問題を解決する事業や産業を立ち上げる“事業プロデュース”や“産業プロデュース”といった新たなサービス形態を展開するファームも注目を集めています。


求められる人材要件

先端・専門領域系コンサルファームで求められる人材要件

全般的に、20代の有名大学出身者や、事業会社の経営企画部門・マーケティング部門・M&A部門の出身者を中心に、ポテンシャル採用が行われています。
他のコンサルティングファーム出身者の採用にも積極的です。
但し、コンサルティング領域によって要件が異なるため、詳細の確認が必要となります。


選考プロセス

【書類選考】
履歴書および職務経歴書によって選考が行われています。志望動機書が求められることも多いのも特徴です。
各ファームがユニークなサービスを展開しているため、その仕事内容をよく理解した上で、書類を作成する必要があります。

【筆記試験】

基本的に筆記試験は行われていません。但し、一部のファームでは、論理的思考能力を測る筆記試験を課しています。

【面接】
通常、3〜4名程度の面接官と1対1の面接が行われます。ケースインタビューを課すファームが多く、事前の対策が必要となります。また、各ファームがユニークな事業展開をしているため、それをよく理解した上で志望理由を話せるように準備しておくことも大切です。

ネクストキャリア

先端・専門領域系コンサルタントのネクストキャリア

先端・専門領域系コンサルティングファーム出身者のネクストキャリアでは、事業会社への転職、他のコンサルティングファームへの転職、起業などが見られます。

事業会社への転職では、外資系事業会社、大手日系事業会社、成長企業が主な転職先となり、経営企画部門、マーケティング部門の中核メンバーとしての活躍が目立ちます。
ただし、業界特化型ファームのシニアクラスの方は、専門業界外への転身がやや難しくなる可能性があります。

他領域のコンサルティングファームへの転職では、年齢が若ければ、戦略系、業務・IT系、財務系、シンクタンク系など、実に幅広いオプションがあります。なお、ファーム内で昇格を重ねてパートナーとなる方も見られます。

その他、事業プロデュースや産業プロデュースを展開するファームの出身者の中には、事業立ち上げの経験を活かして起業される方もいます。

代表的な先端・専門領域系コンサルティングファーム

先端・専門領域系コンサルタントへの転職支援実績

先端・専門領域系

もっと見る

外資戦略系ファーム コンサルタント(東大)28歳
事業プロデュース系ファーム コンサルタント
大手証券会社 法人営業(一橋大)27歳
特定領域特化型ファーム コンサルタント
戦略系ファーム マネージャー(東大)35歳
製造業特化型ファーム シニアコンサル
戦略系ファーム コンサルタント(早大)33歳
特定領域特化型ファーム コンサルタント
大手日系SIer システムエンジニア(有名国立大)29歳
事業プロデュース系ファーム シニアコンサル
チェンマネ系ファーム コンサルタント(慶大)30歳
事業プロデュース系ファーム シニアコンサル
大手メーカー 研究開発部門(京大)28歳
事業プロデュース系ファーム コンサルタント
無料転職相談:登録はこちら
私達が大切にしてること