求人検索
Concord Executive Group コンサル&ポストコンサル転職

キャリアガイド


財務系

概要

財務系

財務系コンサルティングファームは、財務会計・税務アドバイザリーをはじめ、M&A、企業再生、係争分析、不動産投資のスキーム作成、売買譲渡手続き支援など財務周りのコンサルティングサービスを幅広く展開しています。
一部のファームでは、戦略コンサル部門を抱えることで、戦略から財務まで一気通貫してサービスを提供するケースも見られます。
また、財務系ファームは、戦略系ファームがあまり手がけないB/Sの改善ノウハウを豊富にもつことも特徴的です。


求められる人材要件

金融機関や事業会社の財務部門の出身者を中心に採用する傾向があります。
具体的には、20~30代前半を中心に、投資銀行やM&A会社の出身者、事業会社の財務部門やM&A部門の出身者、会計士・US-CPA資格保持者などがオファーを獲得しています。
また、他のコンサルティングファーム出身者の採用も見られます。クロスボーダーのM&A案件が増加する中、英語力を求めるファームも増えています。

選考プロセス

財務系コンサルティングファームの選考プロセス

【書類選考】
履歴書および職務経歴書によって選考が行われます。
財務系ファームの書類選考では、書籍などに載っていない「抑えるべきポイント」が存在しています。それらを踏まえて書類を作成しなければ、優秀な方でも書類選考段階で不合格となることもあるため注意が必要です。
全体的な構成やクローズアップさせるべき経歴など、応募書類の作成から入念な準備が必要となります。

【筆記試験】
一般的に、筆記試験は課されていません。但し、一部のファームでは、財務分析能力を測る筆記試験を課すケースもあります。
戦略ファームやシンクタンクなどで課せられるような地頭力を測る適性テスト以外にも、知識やスキルが求められる内容のものもあります。

【面接】
通常、4~5名の面接官と1対1の面接が行われます。志望理由や職務経験を尋ねる面接が中心となりますが、財務に関するスキルや知識を試されることもあります。
コンサルタントとしての適性と財務知識の両面を求められるため、高度な面接となります。

ネクストキャリア

財務系コンサルティングファームのネクストキャリア

財務系コンサルティングファーム出身者のネクストキャリアでは、事業会社への転職、金融機関への転職、他のコンサルティングファームへの転職などが見られます。

事業会社への転職では、外資系事業会社、大手日系事業会社、成長企業が主な転職先となり、経営企画部門、M&A部門、財務部門の中核メンバーとしての活躍が目立ちます。

また、投資銀行やファンドなど金融機関への転職も少なくありません。

他のコンサルティングファームへの転職では、年齢が若ければ、戦略系、業務・IT系、シンクタンク系など、実に幅広いオプションがあります。
ファーム内で昇格を重ねてパートナーとなる方や、コンサルタントとして起業する方も見られます。特に最近では、クロスボーダーM&A案件が増える中、当該領域でのブティックファームを立ち上げられる方が増加しています。

代表的な財務系コンサルティングファーム


財務系コンサルの求人情報はこちら

財務系コンサルタントへの転職支援実績

財務コンサルティング

もっと見る

外資IT系ファーム マネージャー(海外MBA)35歳
財務系ファーム マネージャー
大手日系メーカー 経営企画部門(一橋大)29歳
財務系ファーム コンサルタント
外資戦略系ファーム シニアコンサルタント(東大)32歳
外資財務系ファーム シニアコンサルタント
大手自動車メーカー 財務部門(早大)28歳
外資財務系ファーム コンサルタント
外資戦略系ファーム シニアマネージャー(東大)40歳
外資財務系ファーム コンサルタント
外資投資銀行 アナリストクラス(慶大)25歳
財務系ファーム コンサルタント
大手商社 海外営業(有名国立大)24歳
財務系ファーム アナリスト
無料転職相談:登録はこちら
私達が大切にしてること