求人検索
Concord Executive Group コンサル&ポストコンサル転職

キャリアガイド


コンサル転職の基礎知識

コンサル転職の基礎知識

経営課題解決という醍醐味のある仕事と、高額な年収、さらには有力な“ハブキャリア”としても、注目を集めているコンサル転職。
狭き門として知られるコンサルティングファームからの内定を獲得し、コンサルタントとして活躍するには、どうすればよいのでしょうか?

ここでは、代表的なコンサルティングファーム分類や、ファーム内でのキャリアパスなど、コンサル転職を成功させるために必要な基礎知識をご紹介します。

コンサルタントとは?

コンサルタントとは

コンサルティング(consulting)とは、一般的に、民間企業や公共機関などのクライアントに対して、専門知識に基づく情報収集・現状分析・解決策提案を行うことで組織の成長を支援する業務と定義されています。

コンサルティングを行う者はコンサルタント(consultant)と呼ばれ、コンサルティングそのものをプロフェッショナルサービスとする企業はコンサルティングファーム(consulting firm)と呼ばれます(※コンサルティングを名乗りながら他の業務や商品を通じて生計を立てている企業は含まれません)。

本サイトでは、コンサルティングファームでコンサルティング業務に従事するコンサルタントにフォーカスしています。

コンサルティングファーム分類

コンサルティング業務は、経営コンサルティング、業務コンサルティング、業種コンサルティングに大別されてきましたが、近年はコンサルティングファームの担う業務領域の多様化に伴って、ファーム間の明確な境界線がなくなりつつあります。

本サイトでは、コンサルティング業界の最新動向に基づいて、コンサルティングファームを分類しています。

ポジション

コンサルタントのポジション

コンサルティングファームのポジション(職位)は、経験年数や期待される役割に応じてパートナー、マネージャー、コンサルタント、アナリストの4つに大別されます。
ここでは、それぞれのポジションが担う役割や特徴をご紹介致します。

※各ポジションの呼び方は、コンサルティングファームによって異なります。ファームごとのポジションの呼び方についてはこちらをご覧ください。

パートナー(ディレクター、ヴァイスプレジデント、プリンシパルなど)

パートナーは、コンサルティングファームの共同経営者です。
ファームそのもののマネジメント(経営)と顧客開拓に基づくプロジェクト受注(営業)が主たる業務となります。
原則、ファームにおける全てのプロジェクトの最高責任者はパートナーが担っており、終始一貫してプロジェクトチームがクライアントに対してデリバリーする成果物のクオリティを担保しています。

マネージャー(プロジェクトマネージャー、シニアマネージャーなど)

マネージャーは、プロジェクトの遂行に責任を負う職位です。プロジェクト管理、顧客接触、予算管理などが主たる業務となります。
常にプロジェクト全体を見通し、クライアント、チーム、ファームに対して適時適確なコミュニケーションを図りながらプロジェクトを遂行していきます。
パートナーへの昇進に要する期間は3~4年程度と言われますが、昇進できずにファームを離れる者も多いという狭き門となっています。

コンサルタント(シニアアソシエイト、アソシエイトなど)

コンサルタントは、プロジェクトの実務において一定範囲の業務に責任をもつ職位で、新卒入社3~4年目、または中途入社(社会経験5年程度、MBAホルダーなど)で就くことが一般的な職位です。
基本的には、自ら主体的に担当モジュールの作業を設計して進めていきます。プロジェクト経験を重ねて顧客折衝能力やマネジメント能力が認められると、3~4年程度でマネージャーへの昇進の道が開けます。

アナリスト(アソシエイト、リサーチャーなど)

アナリストは、プロジェクトの実務であらゆる具体的作業を担う職位で、新卒または第二新卒で入社して1年目のスタートポジションです。
情報収集・分析と資料作成が主たる業務で、マネージャーやコンサルタントからのディレクションに基づいて作業を遂行していきます。
一般的には、2~4年程度でコンサルタントに昇進するケースが多いと言われています。

ファーム別役職名

コンサルティングファームの職位は、①パートナー、②マネージャー、③コンサルタント、④アナリストの4つに大別されますが、これら4つの職位の呼称はファームによって異なります。
ここでは、コンサルティングファーム別の役職名を一覧形式で紹介します。

ポジション一覧

※クリックすると表が拡大されます。

ネクストキャリア

コンサルティングファーム出身者は「ポストコンサル」と呼ばれ、プラチナチケットとも言うべき多様なネクストキャリアの選択肢をもっています。
実際、ポストコンサルは、事業会社の経営幹部、投資銀行・ファンド・VC、独立・起業、NGO/NPO経営、MBAコースの教授・専任講師など、様々な分野で活躍しています。
詳しくは「ポストコンサル転職の基礎知識」で解説していますので、どうぞご覧ください。


コンサルタントの求人情報はこちら

無料転職相談:登録はこちら
私達が大切にしてること