求人検索
Concord Executive Group コンサル&ポストコンサル転職

キャリアガイド


監査法人

概要

監査法人

監査法人とは、財務書類の監査又は証明を組織的に行うことを目的として、公認会計士5人以上が集まり設立される法人です。
規模の大きな監査法人は、世界規模の大手会計事務所のネットワークのもと、国際的に統一的な監査手法を用いてグローバル企業を中心に監査を行っています。
また、監査のみならず、ビジネス、財務、年金・保険、システムに関するアドバイザリーサービスも行っています。

グローバル化の進展により、企業取引グループ全体での国際的な会計監査が必要となることも多くなったため、大手の監査法人への寡占化が進みつつあります。
日本でも、“4大監査法人”と呼ばれる大手の監査法人が、上場企業の監査の大部分を担っています。

4大監査法人は、世界規模の大手会計事務所のネットワーク(Big 4)とそれぞれ提携関係にあります。
新日本有限責任監査法人はアーンスト&ヤングと提携、監査法人トーマツはデロイト トウシュ トーマツと提携、あずさ監査法人はKPMGと提携、あらた監査法人はプライスウォーターハウスクーパースと提携しています。

ポジション

・アナリスト(スタッフ)
・コンサルタント&シニアコンサルタント(シニア)
・マネージャー&シニアマネージャー
・パートナー

求められる人材要件

監査部門は会計士を採用し、ビジネスアドバイザリー部門は該当領域の業務経験者やコンサルティング経験者を中心に採用しています。

選考プロセス

監査法人の選考プロセス

【書類選考】
履歴書および職務経歴書によって選考が行われています。
全体構成やクローズアップさせるべき経歴などを踏まえた書類作成が必要です。

【筆記試験】
筆記試験の有無は監査法人によって異なります。
筆記試験が課される監査法人に応募する場合には、事前の対策が必要となります。

【面接】
監査法人の面接は、志望理由や業務経験などを問う一般的な内容で構成されています。
但し、監査法人内にもコンサルティングファーム出身者が徐々に増えてきていることから、ケースインタビューを課す場合もあります。
コンサルティングファームと同様、対策なしに面接を乗り越えるのは極めて難しく、事前の対策が重要となります。

ネクストキャリア

監査法人のネクストキャリア

監査法人出身者のネクストキャリアは、コンサルティングを中心とするプロフェッショナルファームへの転職が多数を占めます。
その活躍領域は多岐にわたり、ビジネスコンサル、M&A、ITコンサル、年金・保険コンサル、リスクマネジメントコンサルなど、様々な実例が見られます。

なお、監査法人における所属部門の中でも、ビジネスコンサル、M&A、ITコンサルに関連する業務経験をもつ方の場合は、プロフェッショナルファームに限らず、事業会社の企画部門への転職も可能です。
一方、特殊な専門領域を中心とする業務経験をもつ方は、プロフェッショナルファームへの転職がほとんどです。

代表的な監査法人


財務系・監査法人の求人情報はこちら

監査法人コンサルタントコンサルタントコンサルタントへの転職支援実績

監査法人

外資戦略系ファーム コンサルタント(東大)30歳
監査法人 アドバイザリー シニアコンサル
大手外資金融機関 法人営業(海外MBA)45歳
監査法人 アドバイザリー シニアマネージャー
監査法人 公認会計士(一橋大)29歳
監査法人 アドバイザリー コンサルタント
無料転職相談:登録はこちら
私達が大切にしてること